ホーム > JATCOトピックス > 過去のトピックス

JATCOトピックス

過去のトピックス

2017年1月27日(金)

第15回JATCO総合研修会確認テスト修正内容一覧

第2日目(R)

設問8 臓器移植で手術料が健康保険適応ではないものはどれか。正しいものを一つ選べ。
  1)肝臓
2)膵臓(脳死)
3)膵腎同時
4)小腸

回答 3)

回答修正 → 4)

第3日目(R)

設問3 生体肝移植レシピエントの適応年齢について、正しいのはどれか。
  1)全国の施設で統一されている。
2)日本臓器移植ネットワークが決定する。
3)家族が希望すれば何歳でも移植を受けることができる。
4)概ね60代が望ましいとされている。

回答 4)

設問修正 → 4)概ね60代までが望ましいとされている。

第3日目(R)

設問10 膵臓移植について正しい組み合わせはどれか。
  1)1型糖尿病および2型糖尿病の患者が膵臓移植の適応である
2)血糖値の変動が激しく内科的治療が困難である1型糖尿病患者は膵臓単独移植の適応である。
3)膵臓移植登録待機中患者は男性に比べ女性が多い。
4)膵臓移植の平均待機日数は15年である。

回答 2)

回答修正 → 3)

PAGE TOP

2016年4月27日(水)

テレメンタリー2016「思いをたくす命のリレー~心臓移植を待つ子どもたち~」が放映されます

テレメンタリー2016「思いをたくす命のリレー~心臓移植を待つ子どもたち~」
テレビ朝日 2016年5月1日(日) 午前4時30分~午前5時00分

番組内容
ある日突然、重い心臓病を発症し、「心臓移植しか助かる道がない」と告げられた3人の女の子。日本で子どもの臓器移植が可能になって6年が経ちましたが、この間現れた6歳未満の心臓の提供者は3人。日本では、移植を待つ子どもに心臓の提供者が現れる確率は極めて低いのです。
一方アメリカでは、約1カ月待てば心臓の提供者が現れるといわれています。一刻を争う事態に、3人の女の子の両親はそれぞれアメリカでの移植を決意。しかし、必要な費用は約3億円に上ります。移植までの長く厳しい道のり。そのとき、子どもと両親は・・・心臓移植を待つ日本の子どもたちの現状と課題を追いました。

PAGE TOP

2015年8月24日(月)

移植学会中のJATCO関連スケジュール

10月1日(木)

10:45~11:30
JATCO総会(5F 天草C 第5回会場)

15:30~17:00
レシピエント移植コーディネーター教育セミナー(第2会場)

タイトル:「移植免疫、臨床応用編」

講師:
湯沢 賢治 先生 独立行政法人 国立病院機構 水戸医療センター 臓器移植外科 臨床研究部長
座長:
笠原 群生 先生 国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 臓器移植センター センター長
野尻 佳代 先生 東京大学附属病院 臓器移植医療部 レシピエント移植コーディネーター

※なお、このセミナーは認定レシピエント移植コーディネーターの新規・更新申請に必要なポイントとして10点付与されます。

PAGE TOP

2015年7月23日(木)

第23回FNSドキュメンタリー大賞「今そこにある命~岡山から移植医療を拓く~」が放映されます

第23回FNSドキュメンタリー大賞 今そこにある命 ~岡山から移植医療を拓く~
BSフジ 2015年7月26日(日) 27時40分~28時35分

岡山大学病院の肺移植チームは国内最多の移植手術を実施し、手術後の5年生存率も世界平均を大きく上回る。
余命数カ月…移植に最後の望みをかけやってくる患者たち。しかしその多くが、臓器の提供を待っている間に命を落としているのが日本の実情だ。
欧米諸国では移植医療が一般の治療として定着しているのに、日本はなぜ世界から後れをとっているのか。
目の前の患者を救うため、日本の移植医療を変えようと奮闘する医師の姿を追った。

PAGE TOP

2015年3月3日(火)

国立成育医療研究センター臓器移植センター長 笠原群生先生が下記番組に出演します

話題の医学「小児の生体肝移植」
テレビ東京系列 2015年3月8日(日) 5時00分~5時15分
現在の医療のあり方や医療そのもの、医療の今後等を、その道の権威が解説する。
出演者:笠原 群生(国立成育医療研究センター 臓器移植センター長)

PAGE TOP

2014年12月24日(水)

テレビ特別番組『命をつなぐ~希望の医療・臓器移植~』のお知らせ

このたび、第50回日本移植学会を記念してテレビ番組を制作し、スペシャル番組『命をつなぐ~希望の医療・臓器移植~』として、下記のように放送することとなりましたのでお知らせします。
当番組では、移植医療の歩みを振り返り、これまで移植医療が果たしてきた歴史的な成果とその発展に関与した日本人の役割を浮き彫りにすると同時に、本邦における移植医療の現状と問題点を明らかにして移植医療があるべき姿をわかりやすく伝える予定です。日本移植学会、日本臓器移植ネットワーク、北海道移植医療推進協議会の協力のもと、北海道放送(HBC)が企画・制作しました。
ここに、「番組解説」を添付しますので、広く本放送についてお知らせいただきますようお願い申し上げます。

放送日時:
12月23日(祝)10時25分~11時20分   HBC北海道放送
12月28日(日)14時~15時 BS-TBS全国ネット
出演者:
リポーター: 谷村 志穂(小説家)
医療解説、監修: 古川 博之(旭川医科大学教授)
企画協力:
日本移植学会、日本臓器移植ネットワーク、北海道移植医療推進協議会

PAGE TOP

2014年4月1日(火)

「レシピエント移植コーディネーター問題集」発売のお知らせ

レシピエント移植コーディネーター問題集

資格取得を希望するコーディネーター及びコーディネーターになろうと希望する医療スタッフから筆記試験にはどのような問題が出題されるのか、どのような要点を勉強すればよいのかという強い要望が日本移植コーディネーター協議会に寄せられ、今回この問題集を作成することに至った。問題集を勉強することにより、コーディネーターとして移植の全般的な知識を高め、試験に合格するだけでなく、臨床にも生かせる資料となればと思う。

アドスリー オンライン書店より引用

紹介サイト

https://store.adthree.com/products/detail.php?product_id=185

購入はこちらから

http://www.adthree.com/publish/2014/03/reshiko.html

PAGE TOP

  • 研修・セミナー結果報告
  • JATCO役員一覧
  • 概況・沿革

PAGE TOP