ホーム > JATCOについて > 役 員

JATCOについて

役 員

野尻 佳代
会長
野尻 佳代
東京大学医学部附属病院 臓器移植医療部

今回の役員改正から2期目の会長を仰せつかりました。JATCOは、ドナー移植コーディネーター、レシピエント移植コーディネーター、そして医師が集まり、互いの力を発揮し、移植コーディネーターや移植医療の発展を目指す団体です。どんな医療においてもチームワークが欠かせませんが、移植医療において、移植コーディネーターはチームの要であり、移植医療の質の向上には欠かせない存在だと考えています。
今後は、多くの医療機関に移植コーディネーターの設置が出来るよう、JATCOとして活動していきたいと思います。
2年間の任期の間、皆様のご支援とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

相川  厚
副会長
相川  厚
東邦大学医学部腎臓学講座、東邦大学医療センター大森病院腎センター 教授

私はJATCOの副会長を仰せつかりましたが、それはきっと会員番号が001だからです。私は1989年から2年間、イギリス最初のコーディネーター(Co)Jim Colbert氏と一緒に働き、また自分自身でも多臓器提供のdonationをCoとして担当し、移植におけるCoの重要性を20年以上前から理解しております。今後は会長を補佐してCoの 教育、認定資格、質の向上に頑張りたいと思います。

高橋 絹代
高橋 絹代
公益財団法人富山県移植推進財団

2013年より日本移植コーディネーター協議会(JATCO)の教育委員長として仕事をさせていただき、今期2期目を努めさせて頂きます。3日連続で行うJATCO総合研修会やレシピエント移植コーディネーター認定教育セミナー、ドナー移植コーディネーターが関与する関連学会とのコラボレーション企画を含め、年間10回以上の教育の機会を提供しております。進化する移植コーディネーター教育をめざしております。ご意見やリクエストを是非お寄せください。

西村 真理子
西村 真理子
熊本赤十字病院 医療社会事業部 社会課

JATCO役員をお引き受けして、10年くらいたってしまいました。
なかなかお役に立てず、反省しきりですが、ここ数年の改革により、移植関連学会などから、教育機関としてのJATCOの存在を認めていただき、認定制度への弾みがつき、心から嬉しく思っています。これも今まで、何とかJATCOを支えてくださった皆さんのおかげです。
これからのJATCOが、ますます移植医療の発展にお役にたてるよう微力ながら頑張って、次世代へつなげていきたいと思います。

青木  大
青木  大
東京歯科大学市川総合病院 角膜センター

アイバンクを中心に、組織移植分野のコーディネーターをしております。
現在、全国に54ヵ所ありますアイバンクのうち、専属のコーディネーターが常駐し、コーディネーション活動をしているコーディネーターは多くはなく、統一された教育システムの構築が望まれています。
JATCOは我が国におけるコーディネーターの継続的な教育の場として、皆様とともに、存在意義のある、そしてよりよい活動ができるように励んでまいりたいと思います。宜しくお願い申し上げます。

大宮 かおり
大宮 かおり
公益社団法人日本臓器移植ネットワーク 教育研修部 副部長

日本における移植医療が国民の皆様の信頼のもとに実施されるためには、当社団の適正な運営とドナー移植コーディネーターの質の向上が不可欠です。その使命を達成すべく、平成26年より教育研修部を設置し、職員の教育・研修の体制を構築しております。今後はその体制強化と更なる充実に向け取り組む所存です。会員の皆様や関係者の皆様と連携し、JATCOの事業に貢献できるよう努めてまいります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

中島 節子
中島 節子
北里大学病院 看護部・外科

私は、臓器移植法が成立した97年頃より臓器移植医療に携わっています。きっかけは、肝臓の再移植を希望する患者さんやご家族との関わりでした。これまでに、移植という可能性が広がる側面、あるいは移植故に倫理的、社会的な視点からより慎重な検討が加えられ本来の適応が見定められていく側面を経験しました。本会は、両移植コーディネーターの在り方を、互いに確認、検討し高めあうことが出来る機関と考えます。役員として新生JATCOを支える一旦を担っていきたいと考えています。

成田  円
成田  円
国家公務員共済組合連合会 虎の門病院血液内科

JATCO会員のみなさま、こんにちは。私は、虎の門病院血液内科で(レシピエント)移植コーディネーターとして勤務しております。関わる患者さんは、造血幹細胞移植を受ける白血病や悪性リンパ腫といったいわゆる血液のがんの方です。血液領域での移植コーディネーターはまだまだ人数が少なく、役割も明確にはされていないのが現状ですが、少しでも移植を受けられる方の力になれればと思っています。これからの移植医療変革の波に乗り遅れないように、しっかりとした体制作りに協力できればと思います。

堀 由美子
堀 由美子
国立循環器病センター

JATCO会員の皆様、こんにちは。国立循環器病研究センターで心臓移植のレシピエント移植コーディネーターをしております。この度JATCO役員の任に再び着任することとなりました。
JATCOの変革は、移植医療におけるコーディネーターの変革につながると思います。今できることを皆さんと一緒に考えていけたらと思います。よろしくお願いします。

関 真奈美
関 真奈美
東邦大学医療センター大森病院

私は、東邦大学医療センター大森病院において、レシピエント移植コーディネーターとして活動を行っております。担当は、腎臓です。患者さんやご家族の方と接する中で、まだまだ勉強も経験も足りないと、日々、感じています。これまではJATCOが主催する勉強会に参加する側であり、レシピエント移植コーディネーターの認定取得や各種研修会など、たくさんの恩恵を受けてきました。これからは主催する側となり、同じように移植について勉強したいと思う皆さんのお力に少しでもなれるよう、JATCOの発展のために尽力したいと思っております。宜しくお願い致します。

江川 裕人
江川 裕人
東京女子医科大学 消化器外科

移植コーディネーターは、患者さんに向き合うだけでなく、今後、移植医療に関わる他職種をつなぐハブとしての役割を求められるようになります。この時代の要請に個人の努力だけでは対応しきれない事もあるでしょう。自己研鑽とキャリアアップを応援し、社会に貢献する人材を育成していく事がJATCOの使命と考えています。微力ながら役員として尽力して参りたいと存じます。

剣持  敬
剣持  敬
藤田保健衛生大学医学部 臓器移植科

移植医療の遂行のため移植コーディネーターは必須ですが、わが国では数的、質的に十分とはいえず、社会的認知度も低いのが現状です。
2011年わが国初のレシピエント移植コーディネーターの学会認定が行われました。私は委員長として関わり、その後2012年4月に新設された臓器移植後患者指導管理料につき厚生労働省と交渉した経験より、コーディネーターの質の向上、すなわち教育・研修の重要性を感じました。JATCOはその中核組織として更なる事業展開をいたします。

剣持  敬
長谷川 友紀
東邦大学医学部社会医学

専門は社会医学で、その中でも医療制度、医療安全、医療の質評価などです。大学以外では、病院団体や日本医療機能評価機構などの活動をお手伝いしています。移植医療関係では、日本移植学会の倫理委員(旧倫理委員長)、日本臓器移植ネットワークの倫理委員長もしております。移植コーディネーターが、優れた技能と倫理規範を有する専門職として確立し、多くの患者さんが移植を受けることができるようになり、また、若い医療職の方が移植コーディネーターを希望してくださるような仕組み作りをお手伝いすることが、私の役割であると認識しています。

湯沢 賢治
湯沢 賢治
国立病院機構水戸医療センター 臨床研究部移植医療研究室

移植外科医として臓器移植をずっとやってきました。アメリカで2年間、移植の基礎研究と臨床をやっていた時、移植コーディネーターの活躍を見て、衝撃を感じました。アメリカで移植医療を推進しているのは、移植医でなく、移植コーディネーターでした。外来初診から、入院して移植、退院後の外来まで、全てを統括し、マネージメントしています。日本では、移植コーディネーターが初めて認定されたところです。今後の移植医療推進の大きな柱として、JATCOにご期待ください。

PAGE TOP