ホーム > JATCOについて > 役 員

JATCOについて

役 員

photo
会長
中村 晴美
聖マリアンナ医科大学病院 移植医療支援室、神奈川県臓器移植コーディネーター

このたび、日本移植コーディネーター協議会総会におきまして会長に就任いたしました。 安全で質の高い移植医療を推進していくには、移植コーディネーターの定着と継続した教育が必要だと考えます。多くのコーディネーターに必要とされる組織となるよう尽力してまいりますので、皆様のご協力とご支援を賜りますよう、よろしくお願い致します。

photo
副会長
竹田 昭子
公益財団法人長崎県健康事業団、長崎県臓器移植コーディネーター

この度、JATCO副会長を拝命した長崎県臓器移植コーディネーターの竹田と申します。
我が国における唯一の移植コーディネーター職能団体として、移植コーディネーターの皆様に必要とされ、移植医療に携わる関係者の皆様にとっても存在意義のある組織となるように、尽力いたします。
会員の皆様や関係者の皆様と連携し、移植コーディネーターの質の向上や環境整備といった課題を解決し、よりよい移植医療へと発展することできるよう、頑張って参ります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

photo
副会長
野尻 佳代
東京大学 医学部附属病院 看護部

今期から副会長を仰せつかりました。どんな医療においてもチームワークが欠かせませんが、移植医療において、移植コーディネーターはチームの要であり、移植医療の質の向上には欠かせない存在だと考えています。JATCOでは、教育や研修などを通して、移植コーディネーターを目指す方が増えるよう、活動をしたいと思います。
これまで2013年より、3期6年に渡り、JATCO会長を務めてまいりました。その経験を活かし、今後も引き続き、移植医療の発展に貢献できるよう努力する所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

photo
副会長
長谷川 友紀
東邦大学 医学部社会医学講座 医療政策・経営科学分野

専門は社会医学で、その中でも医療制度、医療安全、医療の質評価などです。大学以外では、病院団体や日本医療機能評価機構などの活動をお手伝いしています。移植医療関係では、日本移植学会の倫理委員(旧倫理委員長)、日本臓器移植ネットワークの倫理委員長もしております。移植コーディネーターが、優れた技能と倫理規範を有する専門職として確立し、多くの患者さんが移植を受けることができるようになり、また、若い医療職の方が移植コーディネーターを希望してくださるような仕組み作りをお手伝いすることが、私の役割であると認識しています。

photo
青木  大
一般社団法人日本スキンバンクネットワーク
東京歯科大学市川総合病院角膜センター・アイバンク

スキンバンクを中心に、組織移植分野のコーディネーターをしております。
我が国では、組織移植医療はまだ十分に周知されていない現状にあります。組織バンクに所属するコーディネーターも多くはなく、統一された教育システムの構築が望まれています。
JATCOは我が国におけるコーディネーターの継続的な教育の場として、皆様とともに、存在意義のある、そしてよりよい活動ができるように励んでまいりたいと思います。宜しくお願い申し上げます。

photo
今村 友紀
兵庫医科大学病院 病院事務部管理課、兵庫県臓器移植コーディネーター

兵庫県臓器移植コーディネーターの今村です。
都道府県コーディネーターとしてドナーやそのご家族の意思が尊重される環境を整えていきたいと思い、日々活動しております。臓器提供は、医療機関の方々の協力なしでは成り立ちません。レシピエントや都道府県のコーディネーターだけでなく医療機関で関わって下さる院内コーディネーターの皆様にとってもJATCOが有意義なものになるよう取り組んで参りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

photo
小川 直子
独立行政法人国立病院機構水戸医療センター 地域医療連携室

この度、JATCOの役員に着任しました茨城県臓器移植コーディネーターの小川と申します。
JATCOはドナーコーディネーターとレシピエントコーディネーターが共存する唯一の団体であり、相互理解を深めることが出来ます。会員の皆様のお力をお借りしながら、質の高い移植医療教育が出来るよう活動してまいりたいと存じますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

photo
秋場 美紀
東北大学病院 臓器移植医療部

JATCO会員のみなさま、こんにちは。東北大学病院でレシピエント移植コーディネーターとして勤務しております。担当臓器は心臓と肺になります。
移植について学びたい、移植コーディネーターを目指したいと思うみなさまのために教育・研修の機会を計画し、充実した場になるよう、精進いたします。
何卒よろしくお願い申し上げます。

photo
中島 節子
北里大学病院 看護部・外科 / 移植医療支援室

私は、臓器移植法が成立した97年頃より臓器移植医療に携わっています。きっかけは、肝臓の再移植を希望する患者さんやご家族との関わりでした。これまでに、移植という可能性が広がる側面、あるいは移植故に倫理的、社会的な視点からより慎重な検討が加えられ本来の適応が見定められていく側面を経験しました。本会は、両移植コーディネーターの在り方を、互いに確認、検討し高めあうことが出来る機関と考えます。役員として新生JATCOを支える一旦を担っていきたいと考えています。

photo
成田  円
国家公務員共済組合連合会虎の門病院 血液内科

JATCO会員のみなさま、こんにちは。私は、虎の門病院血液内科で(レシピエント)移植コーディネーターとして勤務しております。関わる患者さんは、造血幹細胞移植を受ける白血病や悪性リンパ腫といったいわゆる血液のがんの方です。血液領域での移植コーディネーターはまだまだ人数が少なく、役割も明確にはされていないのが現状ですが、少しでも移植を受けられる方の力になれればと思っています。これからの移植医療変革の波に乗り遅れないように、しっかりとした体制作りに協力できればと思います。

photo
小野  元
聖マリアンナ医科大学 脳神経外科、移植医療支援室
聖マリアンナ医科大学東横病院 脳神経外科

救急現場で高度医療を施されても蘇生不能となった状況で臓器の提供を希望されるご本人・ご家族の方の気持ちは計り知れません。
そのなかで最も重要な役割を担うのが、院内ドナーコーディネーターです。彼らは院内兼務にて活動しますが、提供体制の整備や家族ケアをはじめ多岐にわたる活動をしています。今後の臓器提供の中心となる重要な職種であると思います。私も微力ながら彼らが医療現場で働きやすい体制に協力作りに協力して参ります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

photo
剣持  敬
藤田医科大学医学部 移植・再生医学

移植医療遂行のため移植コーディネーターは重要な役割を担っており、脳死移植が増加する中、さらに需要が増しています。しかし、わが国では数的、質的に十分とはいえず、社会的認知度も低いのが現状です。レシピエント移植コーディネーターは学会認定制度がありますが、ドナーコーディネーターは未だ認定制度や資格制度がありません。JATCOはわが国で唯一の移植コーディネーターの専門化集団として、教育・研修等の活動を通して、日本の移植医療の発展に尽力してゆきます。

photo
吉川 美喜子
京都府立医科大学 移植・一般外科

京都府立医科大学 移植・一般外科の吉川美喜子と申します。腎臓内科医として腎移植の普及啓発,腎移植レシピエント・生体腎移植ドナー・固臓器移植後の腎障害などの診療に携わっております。また残念ながら亡くなられた方からの臓器提供についての医療者教育や研究を行ってまいりました。
移植に関わるコーディネーターの方々はドナーの想いをつなぎ,レシピエントの生命・生活の質を向上し,命のバトンをまた次に繋げるという崇高な仕事をされておられます。臓器提供・移植双方にかかわってきた者として,JATCOの活動を通してコーディネーターの方々の活躍の場が少しでも広がるようお手伝いをさせていただけたらと思っております。

photo
監事
橋詰  亮
独立行政法人地域医療機能推進機構千葉病院 看護部

この度、JATCO役員に着任いたしました、独立行政法人地域医療機能推進機構千葉病院の橋詰と申します。レシピエント移植コーディネーターとして、腎移植と膵臓移植を担当しております。JATCO役員として、Co活動の発展・質の向上に貢献できるよう教育活動の充実のために尽力いたします。よろしくお願い申し上げます。

photo
監事
湯沢 賢治
国立病院機構水戸医療センター 臨床研究部移植医療研究室

移植外科医として臓器移植をずっとやってきました。20年以上前にアメリカで移植をやっていた時にレシピエント移植コーディネーターの活躍を見て、衝撃を感じました。外来初診から、入院して移植、退院後の外来まで、全てを統括し、マネージメントしていました。アメリカで移植医療を推進しているのは、移植医でなく、移植コーディネーターでした。そして、移植患者さん達は移植コーディネーターを信頼し、頼りにしていました。10年くらい遅れましたが、日本でも移植コーディネーターが活躍している姿を見られて、うれしく思います。

相川  厚
顧問
相川  厚
東邦大学 医学部 腎臓学講座 名誉教授

photo
顧問
高原 史郎
関西メディカル病院 腎臓病総合医療センター、センター長

PAGE TOP